ホリスティックケアについて

犬には水道水と浄水器とミネラルウォーターどれがいいの?カルキ臭とるには?

犬 水道水 犬との生活
スポンサーリンク

愛犬に飲ませる水ってどれがいいのか悩んでいませんか?

犬には水道水、浄水器の水、ミネラルウォーターでは、どれが一番いいのかしら?

最近では、人間の健康にいいものとして水素水や炭酸水、シリカ水まで話題となっているので、その度に「愛犬にはどうなんだろう!?」って疑問に思いますよね。

初めて犬を飼うあなたにとってはなおさら!

そこでこのブログでは、
一般的に獣医師がいいといっているものと、私の体験談を踏まえてまとめてみました。  

Sponsored Link

 

犬には水道水と浄水器とミネラルウォーターどれがいいの?

私達は、普段ミネラルウォーターを飲むことが多いですよね。
そうすると、愛犬にも水道水ではなくミネラルウォーターを飲ませてあげたいって思いませんか?

しかし、

「犬にミネラルウォーターは、尿結石の原因になるからダメだよ!」って言われています。

どんな根拠があるの?

ミネラル水に含まれるカルシウムやマグネシウムを過剰摂取することになるのが、よくないっていうんです。

もしミネラルウォーター与える場合は、軟水にして与えすぎないほうよいですね。

水道水は塩素消毒されているから雑菌が増えにくいと言われていて、犬に与えてOKだといわれています。

しかし、地域によってはまだまだカルキ臭がするところもあります。

愛犬の為に水道水のカルキ臭をとるには?

地域によってはカルキ臭が強いところもありますよね!

氣になる場合は煮沸しましょう。

専門家の方々の見解では、水道水を煮沸して与えるのはOKとされていますよ。

ただし、沸騰させた水道水は腐敗しやすくなるため、一日で使い切ってくださいね。

犬に湧き水はOKのなの?

犬 湧き水

自然豊かなところに行くと湧き水がありますよね。
それは大丈夫なのでしょうか?
私も湧き水を汲みに行って人間だけで飲んでいたこともあります。

自然のものそのままなのでよさそうな感じもしますが、お腹を壊す原因にもなりかねません。
免疫力が下がっている時は、ちょっとした菌が原因で一大事に繋がります。
山などに行って、ついつい愛犬が飲んでしまうこともあるかと思いますが、基本的には飲ませないでください。

あと、犬は冷たい水が好きですが、いつも冷たい水を与えると身体を冷やすことで免疫力低下の原因となり、下痢など体調不良を起こす可能性もありますので、与えすぎないようにしてください。

愛犬に与える水のまとめ

  • 水道水は基本的にOKとされています。
    カルキ臭が気になる場合、煮沸した水道水はOK
  • 浄水器を通した水はOK(ただし、フィルター交換はしっかりと!)
  • ミネラルウォーターは、軟水で中性のものならOKだが与えすぎない
  • 海洋深層水は、マグネシウムが多く含まれるので☓
  • 炭酸水は、刺激が強いので☓
  • 水素水はOKですが、すぐに水素がとぶので効果のほどは!?
  • ウォーターサーバーの水は基本的にOK
  • 湧き水は、水質がわからないので☓
  • シリカ水は、ミネラルの偏りや結石の原因となる可能性があるので基本的に☓
Sponsored Link

愛犬におすすめの浄水器は?

ここで、私が実践していることと、おすすめの浄水器をご案内します。

私が愛犬に与えている水は、

  • 煮沸した水道水(私が住んでいる場所はちょっとカルキが氣になるので)
  • 水道水を浄水器を使って浄水にしたもの
  • ミネラルウォーターをさらに波動水にしたもの(量子力学的なのでまだ真似しないでね)

しかし!

水道水もどうなるのかわからなくなってきました・・
現在(2019年1月)の水道水は、そのまま与えてもOKだと言われていますが、水道民営化で水質悪化が心配されていますよね。
まだ実施前ですし、いろんな噂が飛び交っていって、どれが正しいのかどうなるのかもわかりません。

そんな状況下では、自己防衛していくしかありません。
愛犬と私達の安全を守るために情報の選別、そして自分や愛犬の体質をしっかり把握してください。
出来ることは沢山ありますよ!

そこで、
今の私がおすすめしたいのが、この浄水器です。

内部に天然の「テラヘルツ鉱石」を搭載しているのが他の浄水器とは一線を画する点です。

私、人混み苦手なのですが、テラヘルツ鉱石持っていると違います。

やっぱりフィルター通すと、全然違いますね(・o・)

まずは、専門家の獣医師の見解を大事にしながら、愛犬の体質をしっかりみて健康管理していきたいですね。

スポンサーリンク

 

さいごに

水に関してはいろんな説があって、私もどうしたものかと様子をみながら試行錯誤しています。
愛犬にとって一番いいものを提供したいので、体質をみながらいろいろ実践中です
自分の健康について学んでいくうちに、やはり個々の体質による差が大きいということがわかってきました。
ある人にとって効果があっても、別な人には効果がない、それどころかよくない場合だってあります。
犬も同じだと思います。
もちろん、一般的な知識は必要です。
その上で、愛犬の体質をみながら専門家と相談しながら健康を作っていきたいです。

健康オタクな私の愛犬は、いろんなよいとされるものを体験してくれています。
注意深く愛犬に寄り添って見ているつもりでも、修正しないといけない部分もでてきます。
また、私の愛犬にいいものでも、他のワンちゃんには効果がないこともあるでしょう。
しかし、このブログでは、こんないい体験ができたよ!ということは今後もシェアさせていただきますね。
すべての犬に適応しなくても、ばっちり効果を体感できる犬もいるはずだから。
「知らないことは罪」といっている人もいますよ!
情報過多の時代ですが、しっかり選別して自分に一番合うものに出会っていきたいですね♪

コメント

error:Content is protected !!